配管用突合せ溶接式管継手(シームレス管・電縫管)および油井用ネジ加工管のご用命は淡路マテリアへ「ASK」ブランドは世界へフィッティング類を供給しています。

継手加工部門

淡路マテリアのねじ加工技術は油田を掘削するための継手分野で主に力を発揮してまいりましたが、さらにその技術を他分野にも展開しようと取組んでまいりました。その結果、今では、CE(土木事業)関連分野でも大きな力を発揮しています。

エネルギー産業から皆様の生活を身近で支える事業まで・・・淡路マテリアは前進してまいります。

油井管用カップリング

石油を生産する井戸(油井という)の壁が崩れないよう地中に鋼管を3重、4重と挿入していきますが、この鋼管をケーシングといいます。
また油田において岩盤・土中を掘削した後、地底の原油を地上へ汲み出すために地中深く挿入される鋼管をチュービングといいます。
これらケーシングやチュービングのそれぞれのパイプ同士をねじ締結するためのジョイントをカップリングといい、そのねじ形状といった重要な仕様はアメリカ石油協会(API)規格で厳格に定められています。

当社はAPI規格を認証取得しており、規格に基づいた製品を世界中に出荷しております。

ISO 9001:2000 CERTIFICATE API SPEC 5CT photo

※クリックするとより大きな画像でご覧いただけます。

高耐力マイクロパイル

「高耐力マイクロパイル」とは、300mm以下の小口径の場所打ち杭・埋め込み杭であるマイクロパイルの技術に削孔技術やグラウト(セメントミルクまたはモルタル)の加圧注入技術を取り入れて、異形鉄筋と高強度の鋼管(油井用継目無鋼管:API規格 N80)を埋め込むことにより高耐力・高支持力の細径杭を築造する工法で、細径杭の寸法と埋設施工機器の特徴から、特に施工対象地が狭隘な条件を有する道路構造物、都市河川、上下水道、鉄道路線、送電設備に対する地盤改良、耐震補強、斜面安定、擁壁補強などに多くの工事実績を有します。

岩手県山田町の山田漁港では、国道と漁港施設との狭隘な場所への施工という制約から高耐力マイクロパイル工法が採用され、平成17年に本工法による基礎杭を基に津波防御壁が建設されておりましたが、2011年の東日本大震災時に発生した大津波に襲われたものの損壊することもなく無傷でした。当社は長年培ってきた”ねじ切り技術”によって高耐力マイクロパイル工法で使用される杭を加工管としてその製造を担い、各方面への供給を通じて国内の耐震化を支えています。

photo
道路路肩補強工事(静岡県)
photo
巨大津波に耐えた高耐力マイクロパイル
工法を基礎とする津波防御壁(岩手県)
photo

クレーンレール用SMA継目板

天井クレーン用レールの接合方式としては ボルト方式が一般的ですが、ボルトとボルト孔の間に遊び(隙間)があることでレールどうしの繋ぎ目部にも隙間が生じます。
この隙間が局所的な窪みとなり、これが原因でクレーン本体に振動を誘発するとともにクレーンの車輪とレール端面角部との接触を繰返すことで窪みが助長されます。その結果、クレーン本体の故障を誘発、あるいはレール交換の頻度が高くなります。隙間(遊間)を発生させない方式としては レール相互の隙間に溶着金属を流し込みふさぐエンクローズ溶接方法が挙げられますが、ボルト方式に比べて施工時間を要し、また、施工に熟練工を必要とします。
これらの諸問題を一気に解決できるのが、当社の製造するクレーンレール用SMA継目板です。

当社の継目板は鉄系の形状記憶合金(※SMA)の、形状回復力、即ち加熱することで、記憶していた形状に回復し、その後常温に戻しても加熱時の変形を維持するという性質とその際の収縮力を利用し、無遊間(隙間なし)レール接続を実現しました。

これにより、
    1. 無遊間レール接続の施工時間の短縮

レールの繋ぎ目の隙間が生じなくなったことで、
    2. クレーン振動の抑制
    3. レール交換頻度の低減
    4. 副次的にSMA継目板、ボルトナットの長寿命化

等、設備保全管理に対して大きく貢献しております。
なお、SMAの詳細については技術開発部門をご参照ください。

※SMA=Shape Memory Alloy(形状記憶合金)の略。文中のSMAは全て鉄をベースにしたものを指します。

photo

販売問合せ先
(株)島田商会 東京支社(03-3212-7211)

土木用AGF鋼管

土木工事の中でも特に難工事とされる掘削現場では当社のAGF加工鋼管が活躍。このAGF加工鋼管は難工事を解決するための地山改良工法に使用されています。
特に地質が複雑で地盤の弱い地帯でのトンネル工事では掘削途上での崩落の防止、及び、掘削後の地盤を強化するために特殊加工した鋼管を掘削範囲の土中に打ち込み、鋼管内部から特殊な凝固剤を土中に注入して地質を改良しながら掘り進めていきます。
このAGF加工鋼管の製造に当社の金属加工技術が活かされているのです。

photo photo photo

ツールジョイント

ツールジョイントとは、油田における岩盤・土中を掘削穿孔するために使用されるDrill-Stem Assemblyを構成する部品です。

前述のカップリングを使用するケーシングやチュービングを入れるために、はじめにカッター(ビット)を先端に取付けて地中を掘り進んでいきますが、このパイプの繋ぎ部分となり高強度や耐摩耗性などが要求される重要な部品です。

石油採掘のはなし

限りある資源である「石油」は、どの様に採掘されているのでしょうか。石油を生産する井戸(油井)の採掘は、バウムクーヘンのように何層にも重なった地層に細い針金を押し入れることに例えられます。この針金に相当するのが油井管(OCTG)といわれる鋼管です。採削はダイヤモンドの歯のついたカッター(ビット)を鋼管(ドリルパイプ)の先端に取り付け、回転させて掘進するロータリー・ドリリング法が主流です。掘削された坑井は地層やガス層の圧力が高い初期段階では、自噴で石油を改修できますが、圧力が下がってくると自噴しなくなります。このためにポンプで汲み上げますが、それでも60%も未回収で残ってしまうそうです。最近では、この老朽油田に水やガスを圧入する活性化が盛んに行われ、回収率は10%15%程度向上してきたといわれています。

近年、極地や深海底などの過酷な条件や、腐食性の高い油井環境での油田開発が必要になってきています。限りある資源は大切にしていきたいものです。

photo photo photo

関連団体

  • 事業内容 - こんなところで利用されています。 -
  • 溶接継手部門 - 世界の様々な場所で淡路マテリアの継手が利用されています。 -
  • 継手加工部門 - 「ねじ切り加工」、「管継手応用形状加工」、「難削材継手加工」等の金属加工製品を製造しています。 -
  • 技術開発部門 - 技術の発展で皆様の未来も支えます。 -